高血圧や糖尿病の持病がある方は処方できない

ピルを飲む方は、避妊のためとか生理不順を改善するためとか、生理の時期をずらすなど、様々な目的があるわけなんですが、ピルは薬ですので誰でも服用できるというワケではありません。

血を固まらせる作用がありますので、高血圧の方や糖尿病などの持病がある方は、重大な副作用のリスクを伴う事になりますので、処方してもらうことができません。

また、喫煙者の方は、心筋梗塞などの循環器疾患による死亡率が高くなりますので禁煙しないとピルを服用する事はできません。
喫煙しながらの避妊と考えると、子宮内に避妊器具を入れた方が安全だといわれています。

ピル服用時の副作用はどんな感じ?

まず、吐き気や頭痛は誰にでもあるような副作用で、慣れるまでの辛抱という情報も多いんですが、足のむくみや痛み、息切れやめまい、胸の痛みなどの症状がある場合はピルの服用を中止して、医療機関を受診する必要があります。

ふくらはぎが痛いとか、手や足が痺れるというような症状は放っておいても大丈夫だと軽視される事もあるようなんですが、いつもと違う症状には注意するようにしましょう。

35歳以上の喫煙者の方にはピルの処方をしないみたいなんですが、35歳以下でもリスクは高いと考えて下さい。
医師に処方してもらえないということで、通販で購入して勝手に飲み始めるという方もいらっしゃるみたいですが、危険ですのでやめましょう。